漢方の子宝相談

生理チェックでわかること

投稿日:2017年7月18日 更新日:

女性は一生のうちおよそ350~450回の整理とお付き合いがあります。
自分自身の健康管理となる生理や生活習慣を見直してみませんか?

 

国分寺の漢方薬局愛徳薬局★中医学で考える女性ホルモンの推移とおよその生理回数の推移

 

 

当てはまる項目にチェックをつけてみましょう

 生理痛が必ずある

 生理痛があるとつい薬に頼ってします

 生理が2~3ヶ月こないことがある

 一ヶ月に2回以上生理がくることがある

 生理が8日間以上続くことがある

 冷たい飲みもの、食べものが好き

 ファッション重視!薄着になることもある

 生理中に性交渉をしたことがある

 経血の量や色を気にしたことはあまりない

 経血にレバー状の塊がまじることがある

 生理前・生理中にひどく眠くなることがある

 生理前にイライラや落ち込みやすくなる

 

いくつチェックがつきましたか?

どれも病院へ行くほどではない、或は、普段あって当たり前だと思っていた項目ではありませんでしたか?

チェックが多くついた方は、PMS(月経前症候群)や子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢胞などの疾患や、先行き不妊のリスクが高くなることもあります。

チェックが多くついた方は特に積極的な養生、ケアを心がけると良いでしょう。

 

 

理想的な生理

理想的な生理★国分寺の漢方薬局愛徳薬局中医学(中国漢方)では、生理の周期、日数、量、色、状態(水っぽいか、濃いドロドロか、おりもの、塊があるか)など、生理の状態を知ることによって、貴女の体質や体調、今何をすれば良いか、といったことがわかります。

理想的な生理は

周期が28~35日
日数は3日~7日
経血の量はナプキンの取替えが昼間1時間~2時間に1回ほど。
色は暗い赤色で、血塊はなし。

良い機会ですから、自分の生理の特徴を、知っておくと良いでしょう。

 

 

生理の仕組み

理想的な生理★国分寺の漢方薬局愛徳薬局
おさらいになりますが、女性の子宮は妊娠する準備として、周期的に子宮の壁が新しく作りかえられていて、一定期間、受精がなければ「妊娠はなかった」と判断し、古い子宮の壁がはがれおちて体外へ排出、これが生理です。

理想的な生理★国分寺の漢方薬局愛徳薬局 黄体形成ホルモン(LH)が一気に分泌され、成熟卵胞が排卵されます。

理想的な生理★国分寺の漢方薬局愛徳薬局 卵管采が卵をキャッチ。
卵胞が黄体に変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌開始。
受精卵が着床しやすいよう準備を調えていきます。

理想的な生理★国分寺の漢方薬局愛徳薬局 ふかふかの子宮内膜に向かって卵が移動します。
エストロゲン減少。

理想的な生理★国分寺の漢方薬局愛徳薬局 着床がなければ、黄体は委縮し、プロゲステロンの分泌も衰え、子宮内膜の組織が剥がれ落ち、体外へ排出されます。

女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の働きによって生理がある、つまり、女性という魅力の為には生理はとても重要なのです。

生理がなくなると、妊娠できなくなるだけでなく、骨粗しょう症などの老化現象もはじまります。

また、生理は女性にとって、健康美の指標になってくれます。

 

 

愛徳薬局
愛徳薬局は、生活養生・食養生・漢方薬の三本柱のご提案で、赤ちゃんを望まれるご夫婦のサポートに努めてまいります。

どなたさまもお気軽にご相談にいらしてください。

 

 

-漢方の子宝相談

Copyright© 国分寺の漢方☆愛徳薬局 , 2020 AllRights Reserved Aitoku Yakkyoku.