バイオリズム 漢方の子宝相談

基礎体温表

投稿日:2017年7月22日 更新日:

自分のバイオリズムを知る基礎体温表

基礎体温とは、人間が生活していくうえで必要最低限のエネルギーを使う時の体温です。つまり、睡眠中の体温を指します。体を動かすとエネルギーが生じてきますので、6時間以上の十分な睡眠のあと、朝起きてすぐのまだ体を動かしていないときの体温を測るわけです。

 

 

基礎体温表から読み取れること

短的にいうと、”自分自身のバイオリズム”です。月経は個人差がありますが大体28日前後の周期で循環していくのが一般的です。月経周期は排卵を境に、前半の卵胞期と後半の黄体期に分けられます。黄体ホルモンは子宮内膜を柔らかくさせると同時に基礎体温を上げる働きがあります。従って正常なばあい、基礎体温表はまず低温期と高温期に0.3~0.5℃の差がある「二相性」となります。尚、低温期から高温期にスムーズに移行し(3日以内)、高温期が12日以上継続することが理想的です。

 

基礎体温表ダウンロード右のアイコンをクリックすると基礎体温表フォーマットが別窓で開きます。
印刷して是非ご利用ください。

 

アドビダウンロードサイトへ★PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページへ。

 

 

生理痛はみんなあるものなのか?

「生理痛は仕方ないこと、我慢するしかない」と思っていませんか?実は”痛みがある”というのは体からの異常信号なのです。「月経困難症」という病名もあるほどです。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮後屈などの可能性も隠れています。中医学では「お血(けつ)」といって血流の滞りの分類になります。安易に鎮痛剤を飲むのではなく、ほかに肩こり、頭痛、冷え性、月経血の塊などもないかどうか、自分の体調に注意をしてみてください。

 

 

月経前はみんなイライラする?

多少の気分の乱れは正常範囲ですが、自分でコントロール出来ないほどイライラしたり、落ち込んだり、便秘や胸張などがある場合、「月経前症候群」または「PMS」といいます。中医学では「肝鬱気滞(かんうつきたい)」といい、体内の気血の巡りが鬱滞している、と表現します。原因は、ストレスが多かったり、感情を抑えてしまう性分だったり、仕事が忙しい、不規則な生活などなど、さまざまです。

漢方薬は乱れた気血の流れを正常にもどす助けをします。また寒熱のバランスを整えて正常化へ導きます。

 

 

-バイオリズム, 漢方の子宝相談
-, ,

Copyright© 国分寺の漢方☆愛徳薬局 , 2020 AllRights Reserved Aitoku Yakkyoku.